TOP > お知らせ > ドットライングループ 2022年度入社式を開催いたしました。

INFORMATION新着情報

お知らせ2022.04.01

ドットライングループ 2022年度入社式を開催いたしました。

ドットライングループ(以下当社)は、2022年4月1日に、2022年度入社式を執り行いました。

2022年度は38名の新入社員を迎え、過去最大規模の入社式を幕張 ホテル ザ・マンハッタンにて行いました。

当社は、「地域の『困った』を『ありがとう』に変える®」という経営スローガンに基づき、コミュニケーションを大切にしており、十分な新型コロナウイルス感染症対策を講じたうえで対面での入社式を開催することといたしました。

新たな社員の入社により、当社は全社員合計で850名以上となりました。
新入社員は研修を経て、各部署に配属される予定です。

※集合写真は一時的にマスクを外して撮影しております。

新入社員のみなさまへ垣本からメッセージ

僕は以前、自分に才能があると思っていました。
しかし、多くの経験を積む中で、圧倒的な才能がある人に勝てないことを悟ります。
今まで持っていた自信は失われ、自分に圧倒的な才能はないと気が付いてしまいました。
しかし、その中で、誰にも負けないくらい地味なことを積み上げることが重要であると気が付きました。
地道に積み上げていくことに才能、センスは関係ありません。

今まで才能があると思っていたため、地道に積み上げている人間をバカにしていたけれど、それは全く違いました。
自分しか出来ないことではなく、誰でも出来る当たり前のことを積み上げていける人が一番強いと学びました。
積み上げたものには誰であっても勝てません。

当社は、地域に密着した企業であることを設立当初から胸に取り組んでまいりました。
そのため、千葉市内で当社と地域の方との信頼関係は誰にも負けません。

『凡事徹底』という言葉があるように、継続していくことが何よりも大切です。
いつその培った能力が開花し、いつ評価されるかはわかりません。
時間軸は人によって異なりますが、凡事徹底していく人は、どんな才能がある人よりも強いです。
出来ないことを受け入れて、当たり前のことを積み上げていくこと。
地道に見えてこれが一番重要で、何よりも成長への近道になります。

この度は、入社おめでとうございます。

今後の展望について

株式会社ドットラインは現在85事業所、約850名の従業員が働く企業に成長しました。
設立当初よりも格段に成長を遂げましたが、垣本をはじめ全従業員が『困っている人を助けたい』という想いを胸にし日々努めております。

当社の企業理念である『幸せの循環創造』。
この企業理念を実現していくために会社、そして社員は集まり実現への道を歩んでいきます。

企業理念の中にも入っている『幸せ』という言葉。
とても身近にある言葉で誰しもが願う『幸せ』ですが、その『幸せ』の定義は人それぞれで、多くの価値観があります。
しかし、不幸せには共通点があります。
幸せを実現していくためには、不幸せを集めて解決していくことが重要です。
現在日本で解決すべき『不幸せ』は、社会の課題である医療・福祉・介護、つまり生活のインフラであり、その生活のインフラを早急に整えていかなければ、『幸せの循環創造』を実現することが出来ません。


そのためには、若いエネルギーが必要不可欠です。
命の分野に若いエネルギーを入れていくことで、社会福祉の課題への解決の道筋も浮かび上がっていきます。
そして、若いエネルギーを加え、成長に加速をつけていき、誰一人として困ったを取りこぼさない企業として成長を遂げることが出来ます。
しかし、成長はあくまでも自分自身の中で考える必要があります。
会社に引っ張られて成長せずに、自分自身が成長することで、会社も成長するという想いでいることが大切です。

会社より自分が先に成長していく。

この意識でいることが、自分自身とそして会社の成長の相乗効果になります。

当社は千葉県の地域に密着した企業であることを掲げてまいりました。
現在3年連続2倍成長を遂げていますが、千葉のみならず、埼玉や茨木、東京なども事業として進出しエリア拡大しております。
しかし、その一方で、地域に密着しているモデルを作り、千葉市に対して行政との連携を行い先進的世界初のモデルを創り上げていくことも、非常に重要と考えております。
地域に密着し、より行政との連携を図っていくシステムを構築することは、2025年問題になる前に実現しなければならない課題でしょう。
このシステムを迅速に構築していくことが、みなさまの『不幸せ』を取り除き『幸せ』へと繋げ、当社の『幸せの循環創造』を実現していくことが出来ます。

当社は、昨年度ベストベンチャー100に選出されました。
垣本自身ベストベンチャー100を見て就活を行っていたため、今回のベストベンチャー100の選出は非常に大きな意味があり、より向上心に拍車がかかりました。
現在、急成長を遂げている当社は、新聞など各方面から評価されており、多くの取材依頼があります。
このことからも、こちらから後押しするのではなく、社会から注目される企業に成長しました。
そしてさらなる成長を遂げるために、当社は中長期目標の『PROJECT10』を掲げます。


令和 ”10” 年12月までに

1、“10” Ten thousand HERO

  全国から1万人のヒーローを集める。

2、100人の ”10” 億円規模の経営・マネジメントが

      できる人材を輩出する。

3、地域の “点” を線にする世界初の地域の

      独自メディアを構築する。

 

現在、国内では高齢者・障がい者で困っている人が増加している社会背景があります。
現状を誰一人取り残すことのない社会にしていくためには、マネジメント層の人材育成が重要になります。
そして、私たちが掲げる目標である独自の『ローカルメディア』。
実際、高齢者や障がい者支援を行っている中で、行政に良いサービスや支援体制があるにも関わらず、住民には情報が伝わっていなかったり、理解が難しく良いサービスを選択出来ていない方が多くいることに気が付きました。


また、行政の説明では難しく理解しずらい文章であるケースも多いので、行政から受け取った情報をわかりやすく噛み砕いた文章にして、地域住民へ伝えていくことが大切と考え、ローカルメディアを発足し情報をわかりやすく伝え還元してまいります。
この事業は非常に時間がかかりますが、投資を行っていくべきと考えております。

ローカルメディアとして必要な情報を含めて、集約していくことで、地域経済が発展し活性化することに繋がります。
地域の住民が望んでいる政策を実施していき、より地域にに還元する仕組みにしていくことが重要です。
そして、ローカルメディアを活用することで、地域住民の意見調査、望むサービスのリサーチを行っていき、困っていることを早期発見することが可能となります。
そういった機関を設立するためにもローカルメディアが最善の方法であると考えます。
地域住民がどのような問題を抱えていて、どんな困ったがあるのかリサーチする機関を創っていくことで、地域との信頼関係をさらに強固なものにしていき、今後も地域に密着した企業で在り続けます。

 

<会社概要>

【新オフィス・会社概要】
会 社 名:株式会社ドットライン(ドットライングループ)
代 表 者:代表取締役 垣本祐作
業務開始日:2021年7月19日(月)
新所在地 :〒261-7129
      千葉市美浜区中瀬2-6-1 ワールドビジネスガーデン マリブウエスト29階
TEL:043-307-5095(代表) FAX:043-307-5096
URL:https://www.dotline-jp.com/
E-Mail:info@dotline-jp.com
事業内容:総合医療福祉サービスの運営

——————————————————————

●本件に関するお問い合わせ先●

株式会社ドットライン(https://www.dotline-jp.com/)

本社:千葉県千葉市美浜区中瀬2-6-1 WBGマリブウエスト29階

TEL:043-307-5095

お問い合わせフォーム:https://www.dotline-jp.com/contact/

ブランディング広報課 担当 高尾 

一覧へ戻る