TOP > 外部評価・社会貢献 > 「夢のまち訪問看護リハビリステーション都賀」が【ちば地域リハ・パートナー】に指定されました。

EVALUATION外部評価

外部評価・社会貢献2021.07.07

「夢のまち訪問看護リハビリステーション都賀」が【ちば地域リハ・パートナー】に指定されました。

弊社ドットライングループの高齢者支援領域、訪問看護・リハビリ事業を行う「夢のまち訪問看護リハビリステーション都賀」【ちば地域リハ・パートナー】に指定されました。

今まで「夢のまち訪問看護リハビリステーション都賀」は、千葉市密着で4年間運営を続けてまいりました。この1年半はコロナ禍という事で、地域のイベントが実施できない状況下となっており、弊社では地域の方たちにリハビリ資源を還元できていないと感じておりました。

今回【ちば地域リハ・パートナー】の指定を受けることで、地域の方たちへの介護予防の取り組みに加わりたいと考え、指定を受けることを決めた次第です。

ちば地域リハ・パートナー

夢のまち訪問看護リハビリステーション 都賀
▲夢のまち訪問看護リハビリステーション都賀▲

地域リハビリテーション拠点として「地域リハビリテーション広域支援センター」が、各「二次保健医療圏」に1か所指定されています。この広域支援センターを補完する機関として【ちば地域リハ・パートナー】が指定されます。

保健医療圏とちば地域リハ・パートナー
▲保険医療圏とちば地域リハ・パートナー▲

【ちば地域リハ・パートナー】は、その活動を通じて地域において関係機関と顔の見える関係ができ、より円滑な支援ができるようになります。また、研修などへ携わることで職員のスキルアップを図ることができ、活動を通じて、事業所と地域・地域住民がより身近になっていくという双方へのメリットがあります。

地域には特性があり、そこで生活する人も、抱える問題やその解決方法もさまざまです。「夢のまち訪問看護リハビリステーション都賀」は多くの【ちば地域リハ・パートナー】と協働し、地域に根差したその課題解決・問題解決モデルをお互いにブラッシュアップしながら、そのノウハウを拡げてまいります。

ドットライングループが掲げる
経営スローガン、
『地域の「困った」を
「ありがとう」に変える』と、
企業理念『幸せの創造循環』
実践にぴったりとマッチする
【ちば地域リハ・パートナー】制度。

私たちは【ちば地域リハ・パートナー】として指定していただいた機会を大切に、これからも地域のみなさま一人ひとりに寄り添ったサービスを提供してまいります。

「ちば地域・リハ・パートナー」
  ついてはこちら

https://www.pref.chiba.lg.jp/kenzu/tiikiriha/patonabosyuu.html

「夢のまち」事業所一覧はこちら
https://www.dotline-jp.com/rehabili/

・・・・・・・・・・・・

地域の「困った」を
「ありがとう」に変える。

ドットライングループはこれからも、
ここ千葉県から、
目の前の問題を解決すべく、
事業を拡大していきます。

大変喜ばしいことに、これまでの功績は多数メディアにも取り上げて頂いております。

ドットライングループが走り続けることができる理由。

それぞれの使命、守りたいものとは。

幼少期、ただひたすらに「ヒーロー」に憧れ続けた一人の少年が目指し創り上げる未来は、とても暖かな世界。

千葉テレビ公認、日本一長い社長メッセージもぜひご覧ください。

https://www.dotline-jp.com/message/

ドットライングループに関する
お問い合わせや取材のご依頼は
下記のお問い合わせフォームより
お願いいたします。
https://www.dotline-jp.com/contact/

一覧へ戻る